滋賀の交通事故に強い弁護士が慰謝料増額から後遺障害の認定まで代行いたします

休業損害 弁護士コラム

失業中・学生など収入がない方の交通事故における休業損害の請求

投稿日:

はじめに

交通事故に遭った方の中には、学生や仕事をしていない方もいらっしゃいます。会社員であれば、仕事を休むと休業損害の請求が認められますが、学生や無職の場合はどのような取り扱いになるのでしょうか。

休業損害は発生しない

学生は学業が仕事ではあるものの、収入を得ているわけではありません。

また、無職者の場合も収入を得ているわけではありません。

したがって、学生や無職者は休業損害の請求ができないのが原則です。

学生や無職の方であっても、交通事故の被害によって生活に大きな支障がでることになりますが、それは休業損害ではなく、慰謝料で評価されるべきものだとされています。

なお、収入がない場合でも主婦(夫)の場合は、主婦業が労働と評価されておりますので、休業損害(主婦休損)が請求することができます。

専業主婦の交通事故における休業損害の請求とは?

就職活動中であった場合

現に仕事をしていなかったとしても学生であれば就職活動中、無職者であれば求職活動中という場合もあります。そして、内定先や転職先が決まっていたにもかかわらず、交通事故でケガをしてしまったため、勤務開始が遅れた、就職が取消になった、というような場合でも、一切の請求が認められないとするのは酷な結果になります。

そこで、もし交通事故がなければ、仕事をして収入を得ていたという蓋然性があれば、本来は給料を得ていた分を失ったとして休業損害が認められる場合があります。

最後に

就職活動、求職活動をしている時期の交通事故というのは心身ともにストレスが溜まるものです。したがって、せめて正当な賠償がなされるよう内定確実であったことや採用待ちの状態であったことを証明し、休業損害の請求をしていくべきと考えます

当事務所は、交通事故に豊富な知識と経験があります。
ご相談料無料で承っていますので、お気軽に無料相談をして下さい。
また、弁護士費用保険特約も使用可能です。
お電話お待ちしています。。

-休業損害, 弁護士コラム

Copyright© 滋賀の交通事故に強い弁護士相談サイト , 2020 AllRights Reserved.