労災申請から損害賠償請求まで、労災問題に強い弁護士が代行致します。

弁護士に相談するメリット

1.保険会社との煩わしい交渉を全て弁護士が代行!

保険会社との交渉を弁護士が代行

交通事故の被害者になると加害者側の保険会社と交渉をすることになりますので、高圧的な態度や不誠実な対応をする保険会社の担当者が窓口となってしまった場合であっても、あなたが時間と手間を使い直接対応せざるを得なくなります。 
 
しかし、弁護士に依頼いただくと、保険会社の担当者とは直接話す必要がなくなりますので、ストレスを感じずに示談交渉を進めることができます。

2.慰謝料を含む賠償金の増額が可能!

弁護士が慰謝料などの賠償金を増額

保険会社はできる限り安く賠償金の支払いを済まそうとして、低額の賠償金の支払提案をしてくることが多いです。

しかし、豊富な知識と交渉力を持った弁護士が増額交渉することによって、ほとんどの事案で賠償金の増額が可能です!
特に、入通院慰謝料については、保険会社の内部基準や自賠責基準という低額の慰謝料額が提案されることに対して、裁判で認められる慰謝料基準(裁判所基準・弁護士基準)を主張することにより、大幅な増額が見込めます。

3.後遺障害等級認定のサポート!

弁護士が後遺障害等級認定の申請をサポート

後遺症が残ってしまった場合は、後遺障害等級の認定申請を行います。

後遺障害等級が認められるかどうか、その等級がどの程度であるかによって、賠償金の金額が数百万円から数千万円変わります。
加害者側の保険会社に任せるのではなく、弁護士が資料を収集し、後遺障害等級の認定申請を行うことにより、適正な後遺障害等級を獲得します!

4.専門家を味方にすることで、今後の不安を解消!

弁護士を味方につけて今後の不安を解消

交通事故の被害者になってしまうと、治療や仕事、将来の事など不安ばかり募ります。

弁護士にご依頼いただくことにより、今後の見通しをご相談いただけますので、ご不安を解消していただくことができます!
分からないこと不安な事が出てきたら、直ぐに相談できるというのは、非常にメリットが大きいことです。

5.通勤災害による労災手続にも対応!

労災手続きにも対応

通勤中や勤務中の交通事故は通勤災害となり、労災保険を受給することができます。
しかし、勤務先が労災保険の手続についてよく知らないことも多くあるため、交通事故に遭った場合、労災保険を使えばいいのか、加害者の保険会社に任せておけばいいのかよく分からなくなる方がいます。

弁護士に早い段階でご相談、ご依頼いただくことにより、労災保険を使う方がいいのかについてアドバイスができ、労災保険手続についてサポートすることができます。

投稿日:2019年7月7日 更新日:

Copyright© 滋賀の交通事故に強い弁護士相談サイト , 2020 AllRights Reserved.